2018年12月5日

まんがのクリスマス④ 「草迷宮・草空間」

内田善美さんについて、同じ「ぶ〜け」出身の作家の松苗あけみさんが「今でいう神絵師」と言われてて、なるほど!と思いました。初めて読んだのが「星の時計のLiddell」で、リデルの登場シーンの美しさは衝撃でした。もちろん松苗あけみ先生の絵もきれいだし、なんといっても華やかで好きです。「HUSH!」とか、ストーリーはシビアでシニカルなギャップが面白いんですよね。「ぶ~け」は珍しい感じの作品が多くて好きで […]

まんがのクリスマス③ 「ポケットストーリー」

ショートコミックの名手、森雅之先生の「ポケットストーリー」全3巻。モーニングで連載されていたようです。モーニングのショートコミック、わたせせいぞうの「菜」も好きだったし、今もサライネスの「ストロベリー」が毎週楽しみ。どれもいい作品です。 この2巻には4ページのまんがが21本載ってます。 この本、元々はカバーが付いていたみたいなんですが、フリーマーケットで手に入れた時にはカバーはかかっていませんでし […]