まんがのクリスマス③ 「ポケットストーリー」

まんがのクリスマス③  「ポケットストーリー」

ショートコミックの名手、森雅之先生の「ポケットストーリー」全3巻。モーニングで連載されていたようです。モーニングのショートコミック、わたせせいぞうの「菜」も好きだったし、今もサライネスの「ストロベリー」が毎週楽しみ。どれもいい作品です。
この2巻には4ページのまんがが21本載ってます。
この本、元々はカバーが付いていたみたいなんですが、フリーマーケットで手に入れた時にはカバーはかかっていませんでした。出版の十年後くらい? 広島大学が移転した跡地で時々やっていたフリマに一人で出かけて、ごちゃごちゃと色んな物が置いてある中にこの本を見つけて即買いました。秋のよく晴れた午後でした。本屋で見かけたこともなく、存在すら知らなかったので、思いがけない発見がとても嬉しかったのをよく覚えています。今はアマゾンやメルカリがあるからそういう点ではいいですね。
以下ネタバレありの感想です。

Advertisement

巻頭の「小さな夜」っていうお話がクリスマスストーリーで、これだけ6ページあって描き下ろしです。

青空の下、真っ白に雪が降り積もった野原をひとりの少年が歩いています。
丘の上に小さなもみの木を肩に担いだ友達が現れて、遠くから大声でどこ行くんだー?! と尋ねます。
病院に妹のお見舞いに行く!
同じく大声で叫び返した少年に、友達は手に提げていたビニール袋の中を探って、みかんを一袋取り出します。
投げて悪いけどこれ持ってって。お見舞い!
そう言って放ったみかんの薄いビニール袋が空中で破け、雪の上にみかんが散らばります。

みかんを拾い集めて友と別れ、病院に向かいます。

一年に一度のクリスマスを病院で過ごさねばならない妹のために用意したプレゼント。本を見て作った木彫りのオーナメント。喜んでくれるかな? そんなことを考えて通り過ぎた道に夜が訪れます。
深々と雪が降ってきて、ひとつ拾い損ねたみかんの上にも積もります。みかんが完全に姿を隠す前に現れたのは、茶色い毛皮の背中に雪をのせた一匹の狐。意図せぬクリスマスプレゼントを見つけます。

枠線の外が赤っていうこの色使いが最高! 素朴な少年たちのやり取りがとてもいい! 手作りのオーナメントもなんて可愛いんでしょうか。やさしいお兄ちゃん。
そして狐がみかんを見つけてその場面で終わる素晴らしさ。口に咥えたりせず、雪に埋もれそうなみかんを見ているこの佇まいの愛らしいこと!
そして表紙が元気になった妹とお兄ちゃんなのだと気付くのも嬉しい。
たくさんのショートストーリーの中には温かい話だけでなく、寂しい人もいっぱい出てきます。読んでいるこちらが思わず目を背けたくなるような孤独の中にあっても、風や雨や一枚の木の葉にも慰めを見出す登場人物たち。
1987年の初版ととても古い本なのですが、運良く巡り会えて本当によかったと思います。
「永く、嫌いなものよりも、好きなものの方が多い私達でありますように」
あとがきの先生の言葉。レモンの香り、月の光、宝石のようなガラス玉、降ってくるイチョウの葉、電信柱、葉書、口笛。誰でも、どこにでも見つけられるささやかなもの。それを美しい、楽しいと思うには、「その気になること」が大事なんだそうです。

0

まんがのクリスマスカテゴリの最新記事