「なかよし」2015年1月号 「恋と軍艦」第42話 感想

「なかよし」2015年1月号 「恋と軍艦」第42話 感想

流行語大賞のトップテンに入りましたね、「壁ドン」。皆様はお好きですか?
ちょっと前の別フレ・デザートは壁ドン祭りでしたね。デザートでは全掲載作品の表紙が壁ドンだったとか。雑誌を読む醍醐味ですね、そういうの好きです。楽しいですよね。
そして講談社の誇る伝統の少女雑誌「なかよし」でも。やってくれましたよ、陽くんが!壁ドン❤️

以下ネタバレありなのでご注意下さい。

Advertisement

今回は掲載順もど真ん中、センターカラーで登場です。
バレンタインの続きです。季節が追い付いてきましたね(^^)
第42話「引きさかれた心」。
陽が松木さん(陽にチョコをあげた一組の女子)と一緒に行ってしまって、胸の痛みを覚える香菜。
一方町では町長と入市さんの中傷ビラによりリコール騒ぎに。
入市さんの家も投石で窓ガラスを割られたり。
元秘書の山下くんの狙い通りにことが進んでいますが…。
香菜もそのことをわかっていて、このままじゃ二人が町を追い出されてしまう、何も悪いことをしてないのに、と陽にすっぽかしたことを謝って追いすがりますが、陽は聞いてくれません。
そんなところに松木さんが、なかなかに男心をくすぐる控え目でありながら積極的なアプローチを仕掛けてきます。
ついに告白まで!しかもお試しで、返事はホワイトデーで、いやなら断って!やっぱり遠藤さんが好きならきっぱりあきらめて、しつこくしないから…と、やり手過ぎてほんとに中学生?!な気配りですよ。
さすがの晶も静観していられず、お風呂の窓からアドバイスしますが、陽もやっぱり迷う気持ちがあるようです。
図書室で一緒に勉強したりして、付き合ってるとみんなの噂の的になってます。
松木さんはここでも陽を持ち上げたり、「だれもいなくなったね…」と接近したりと辣腕を振るうのですが、ドキドキしつつも陽はつい香菜と比べてしまったり。
そんな陽の気も知らず、香菜は町長のリコール運動に対して何か出来ることがないか考え、フェリー乗り場で陽に相談します。
そっちはあっさり「なにもできん」と言われますが、もう一つ、
「…ま、松木さんのこと…す、…好き…なの?」と問いかけます。
そこからの壁ドンでした。続きは多分2月に出るコミックスでお楽しみください❤️
2月号は単行本作業のためお休みのようです。

ちなみに今月の「なかよし」を買おうか迷っていたスウの背中を押してくれたのは、「恋と軍艦 キス」という検索履歴でした。こんなネタバレもあるんですね(^^)

5

まんが感想カテゴリの最新記事