シフォンケーキ作りました 「きのう何食べた?」88話より

シフォンケーキ作りました  「きのう何食べた?」88話より

さて久しぶりに「作りました」なんですが、シフォンケーキを作るのは初めてなので、手順はすっごく簡単なのにもかかわらず、ちょっと失敗してしまいました。でも味は美味しかったので、記事にしようと思います。

Advertisement

IMG_2703
パウンド型(8cm×10cm×17cm2個分)、大きめのボウル2個、ハンドミキサー、ゴムベラを用意して、材料は下記の通り。
・卵3個
・小麦粉110g(ふるわない)
・砂糖(上白糖でよし)110g
・サラダ油50cc
・冷水75cc
・バニラエッセンス、塩各少々
※粉砂糖100g
※冷たい牛乳(または水)大さじ1 ※印は飾り用
IMG_2704
まず卵を黄身と白身に分けます。
白身を先に、ハンドミキサーでつのが立つまで固く泡立てます。(冷蔵庫から出したての冷たい卵を使うと良く泡立ちます)
IMG_2707
その間に黄身の方のボウルに、小麦粉をふるわずに直接入れます。さらに砂糖も入れます。サラダ油、冷水、バニラエッセンス、塩とどんどん加えます。ただハンドミキサー待ちなので、混ぜずに置いておきます。
IMG_2705
ここらでオーブンを180℃に予熱します。
IMG_2708
白身を固く泡立て終わったら、なるべくボウルの中にミキサーに付いている卵白を戻し入れて、洗わずにそのまま黄身を混ぜ始めます。
IMG_2709
粉っぽさが完全になくなるまで良くかき混ぜます。
卵黄の方の生地を、卵白のボウルに流し入れて合わせます。
IMG_2710
卵白の泡をつぶさないようさっくり混ぜます。少しくらいムラがあっても大丈夫。
出来上がった生地を2つのパウンド型になるべく均等に流し入れて、オーブンで30〜35分焼きます。
IMG_2711
型が小さくてこの時点でみっちみち。お手本の絵とかなり違っています!いやな予感はしましたが、もう引き返せないのでそのまま焼きます!
IMG_2713
焦げました(泣)
型から当然生地がはみ出ている……しかしお手本通り、金網の上に逆さにのせて、上に濡れ布巾ものせちゃって、粗熱がとれるまで30〜40分冷まします。
IMG_2714
IMG_2715
粗熱が取れたら、四辺にぐるりと包丁を入れて、生地と型を離します。2〜3周するとどこかで底の生地が型から取れる感触がするそうです。
逆さに出して、付いているケーキのくずを出来るだけ払い落として表面をきれいにしておきます。
写真は……焦げたところを切り落としました!きれいに平らに切れました。
IMG_2717
フロストシュガー100gに冷たい牛乳大さじ1を入れて練ります。
固すぎて練られない場合は牛乳をほんの2、3滴ずつ追加します。
かきまわせるくらいの固さになったらアイシングの出来上がり。
このアイシングをケーキの上面に塗って、アイシングが少し固くなれば完成です。
IMG_2719
IMG_2722
しっとりしていて美味しいです。味にパンチはないですが、アイシングのシャリシャリ感と合わさるととってもいいです!
シフォンケーキはバターじゃなくサラダ油を使うからか軽く食べられるので、ついつい食べ過ぎてしまうのに注意です。うちでは2本ともいっぺんに食べてしまいました(・_・;
こんな簡単に出来るなんてびっくりです!
アイシングが面倒だから、作るのに二の足を踏んでいたのですが、そっちも思ったより簡単に出来たし、ないと美味しさ半減なので粉砂糖をお買い忘れなく。
よしなが先生のアドバイス。
※苺を添えると即席ショートケーキ。
※アイシングまで入れて全部で3時間で出来ます。(もちろん焼き、冷ましの時間は別のことが出来ますね!)
「こどもの体温」でお父さんとおじいちゃまが作っていたケーキがこれだそうです。
確かに家にある材料で思い立ったら作れますよね。
今回も一コマ登場の若い時のシロさんのお母さん。昭和のキッチンもこうして見ると可愛く感じるから不思議。パフスリーブの魔法かしら。

追記
もう一回作ってみたら、成功しました。
IMG_2846IMG_2847
型から抜いて、底の面にアイシングするんですね!カン違いしてたかも。
IMG_2858
カラースプレーやアラザンで可愛くしてみました。
アルファベットのバースデーキャンドルを立てれば、ちょっとしたバースデーケーキとしてもいけるのでは?
IMG_2860
うーん、美味しい!

11

きのう何食べた?カテゴリの最新記事