覚書いろいろ

覚書いろいろ

萩尾望都先生の「ポーの一族/春の夢」の2話目は2017年の3月号の「フラワーズ」本誌掲載だそうです。なんとこの号から連続掲載スタートだそうですよ〜(*´∇`*)
1月28日頃発売。楽しみですね❤️


施川ユウキ先生の「ヨルとネル」がAmazonから届いたので早速読みました。面白かったです。切ないお話……。
身長11センチのこびとになってしまった11歳の少年ヨルとネルの二人が、政府安全局の追っ手から逃れるため旅をするというお話。
「いつも正しくそして頼もしい」凛々しくてカッコいいヨル。
「気が弱くて細腕のシャイボーイ」素直で笑顔のかわいいネル。
親友同士でお互いだけが世界の全てという二人の関係にめっちゃ萌えた!一話4ページの4コマ作品です。おすすめ!
img_5306
寿司に座るだけでなく、ベッドにして寝れそうだ、と試してみて、
「家具屋に来たカップルか!」と照れる二人、超かわいい……(*´Д`*)

そしていつもすごいなあ……と思って読書の参考にさせていただいているブログ、「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」様で、吉野朔実先生の読書コミックエッセイが合本で再刊行されたという記事を読んで……かなり悩みに悩みましたが、買ってしまいましたー!!
すごく分厚いです。〈吉野朔実劇場〉全8冊を1冊にまとめた「ALL IN ONE」。シリーズ未収録の6作を加えた増補版なのです!
これは少しずつ読んで行きたいと思います。すごく楽しみです。

3

まんが感想カテゴリの最新記事