「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年8月号

「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年8月号

①はこちら

「とりかえ・ばや」episode60.魔

錯乱し喚き散らす弓弦を、主上は「弓弦にあらず!」と言い切ります。
そこへ沙羅が飛び込んで来て、「なりませぬ!」と背後から覆いかぶさるようにして両手を掴んで止めます。
「尚侍は私に嘘をつかれた! お慕い申し上げていたのに…許せぬ!」
沙羅が以前に入内はしない…と言ったことですね。姉のように慕う心の底に、淡い想いがあったんですね、初めて見るような美しいお姫様が、他の誰よりも優しくしてくれたんだからまあ当然か……切ない。
「弓弦…さま?」
別人のような弓弦に戸惑い恐れる沙羅に、「はなれろ!」と叫んで主上は布をばさっと被せて弓弦の動きを封じようとします。
大声を上げて泣きながら、自暴自棄の弓弦がさらに暴れようとした時、パシッと鋭い音を立てて後頭部をはたいたのは式部卿の宮!
刀を取り落とし、昏倒した弓弦を宮は片手で抱きとめます。
「扇ひとつで…」感嘆する沙羅に、
「扇の骨の鋼はいざという時のため」
と、優美さの陰にしたたかさを隠している式部卿の宮のおかげでこの場を切り抜けることが出来ました。
それにしてもなぜ警護の者が一人も来ない? と怪しんでいるところへ睡蓮と吉野の宮が駆け付けて来ました。
「この香りは…?」
「何事かありましたな」
「親王が乱心され…」
と真面目な話をする後ろ側で、寄り添っている主上と沙羅が妙に可愛い(^^)
床に落ちている刀に吉野の宮が手を触れると、刃の上に蛇の幻のようなものが浮かび、そのままスッと消えてしまいます。
「刃が消えた…!」
驚嘆する主上と沙羅の目前で、吉野の宮も直接には触れず、布を使って柄を持ち上げます。
「これはーー魔のもの」
あの夜と同じ白蛇ーー同じ魔が弓弦にとりついたか……「いたわしいこと…」
沙羅の肩を自然に抱き、倒れている弓弦を憐れむ主上です。取り憑かれていたとしても、あの告白が弓弦の本心であることに違いはなく、主上も沙羅もこの少年のために出来るだけのことはしている以上、後は本人が飲み込んで消化するしかないことがこんな形で露わになってしまう、それはなんと悲しいことでしょうか。
「もうほうっておくことできませぬ!」
吉野の宮が主上に決断を迫ります。手遅れになる前にこちらから仕掛けましょうと。
「宮の御指南頂こう」
と片膝を立てた主上、かっこいいです。
まず、弓弦親王を寺に入れて身を清めて頂く。処遇などは後で考えればよい。
上様と尚侍に狙いを定めていることから、銀覚の呪いに違いない。遠流の身でこの恐るべき力、
「都を滅ぼしかねぬ!」
式部卿の宮も珍しく声を荒げます。
そう、その強大すぎる力ゆえにーー「呪いを発した張本人には致命傷になりましょう」
銀覚との因縁が深い私なら呪いを封じることが出来る、ただし相討ちになる可能性は大いにある。
吉野の宮の意図を察して、ためらう主上。命を懸けるおつもりか? と問いただす式部卿の宮。
「一度は捨てた我が身の何を惜しみましょうや!」
吉野の宮は不敵に言い切ります。
睡蓮を伴い退出する吉野の宮。倉の片隅で、例の銀覚の失脚の際に証拠となった角のある髑髏を手に取ります。
「これで、呪詛返しをいたす」
……えー!! 宮様が!そんな危ない! 呪詛返しは跳ね返されたり失敗すれば、相手の力が加算されて自分に返ってくるまさに諸刃の剣! 当然命を落とす者が多い危険な行為です。
「『どちらかが倒れる』とは…そのような重たきことでございましたか!」
って睡蓮、さっき命を懸けるとか言ってたじゃーん。そして宮も、万一私が倒れた暁には、ここに記した高僧に後を頼むのだ…ってまず頼んでから始めてー!二人とも落ち着いてー!
「始めたら必ず最後まで成し遂げねばならぬ」
返ってくる力が強ければ、睡蓮も巻き添えになるかもしれません。しかし朱雀院や一の姫宮のため、睡蓮も腹をくくります。
「いざ、始めよう」
白装束に着替え、護摩壇の前に座る吉野の宮。
燃え盛る炎に、沙羅との鞍馬山行きを思い返す睡蓮ーー山の神に心身の呪いを解いて頂こうと詣でた途上で天狗にさらわれーー思えばつまり、私たちの呪いは解かれぬままになっていたのではーー。
吉野の宮の命懸けの調伏により、悪鬼どもが耐えかねて内裏を出て行きます。向かうは遠く離れた銀覚の元ーー霊道を通り押し寄せてくる妖魔どもに追われ、悲鳴を上げて裸足で逃げ出す銀覚!
わしは滅びぬ、なんとしても、帝を尚侍を都を…「呪いの業火で燃やし尽くすまではーー」
そう断末魔の叫びを上げながら、崖から海へと転落する銀覚。
その一部始終を夢に見て、幻覚は飛び起きます。恩人であり唯一の家族である銀覚の死の気配を感じ取って、うそじゃあああ! と獣のように咆哮します。
真の孤独に陥った幻覚の取る道は復讐のみ!
「銀覚さまの呪いを…成就させましょうぞ!」
そしてついに睡蓮も決意します。この呪いに打ち勝って、前へ進もうと!

熱い……一気にバトルモードに……ならないですよね(・_・; まさか。一緒に「ハンター×ハンター」買って来たから毒されている? でも次回予告に「最大の危機がー⁈」ってなってます〜!
完全新作な「ウテナ」と二本立ての来月号が楽しみです!

9月号はこちら

99

とりかえ・ばや/さいとうちほカテゴリの最新記事