「メロディ」2019年 2月号 感想

以下ネタバレありの感想です。

表紙
「ぼくは地球と歌う」可愛いです。メロディの表紙は紙が厚くてツルツルしてるのが好きです。山田南平先生をメロディに移籍させて欲しかったな〜!

「かげきしょうじょ!」
巻頭カラー! さらさと奈良っちのロミジュリ可愛い!
ついに予科生の舞台本番、全くの無名でこれからの生徒たちの中で当然ながら目立ちまくる奈良っち。しかし清新な演技で他の三名が今の自分に出来る精一杯を出しているところに、圧倒的な演技力・舞台映えを見せつけるはずが「ちゅリエット…」と噛んでしまう奈良っち……。間抜けでかわいい……。
一方さらさはついに煌三郎と直接対決! さらさの出生の秘密が明らかに? と超気になるところで次号へ続く。
なんだろう、この「外し」がドライブ感を失わせるのか? 群像劇だからあちこち話が移動してしまうのもやむなしとは思うんですが、さらさと奈良っちと予科生、そこだけに話を絞ったらもっとパンチが出るのかなあ。なんかもどかしい!!

「大奥」
読めば読むほどこの上様は爽やかで柔軟で強くてとても素敵な方ねえ……。
昨日「世界一受けたい授業」を見てた時、「人に好かれるにはまず相手のことを好きになること」って言ってたけど、その通りだわねえ。自分に関わった全ての人を深く理解して心配して将来のことまで考えてあげる……「パーム」シリーズのジェームスと一緒だわ。これがカリスマというものなのね。普通の人間に出来る芸当じゃないけど、だから素晴らしいのよねえ。こんな人に巡り合ったらそれだけで幸せになるわ。
すごいわあ……。面白い!

「おしゃピクしませんか?」
おしゃピク=おしゃれなピクニックだそうです。わあ、興味あるその題材……。
上京したてのぼっちOLが、故郷の母を安心させるために、毎週公園で見かけるだけの主婦・JK・小学生に声をかけます、私とピクニックしてくださいと。
……あら、これ、すっごく面白かった……! みんなキャラ立ってるし好感が持てるし、仲間と協力し合って何かするから楽しいっていうメッセージもどストレートに伝わってきましたよ〜おしゃピク現場も可愛い! こういうまんが好き! コミックス出たら買おう。面白かった! 絵も可愛い。

「秘密」
薪さんはなぜいつも職場で取り乱すの? すぐ物壊すし、こんな上司いくらキレイでもいやだ……。でも岡部が必死でつっこんでくれてるからいいか……。
養護施設と里親、この複雑な問題をどう扱うのか楽しみです。しかし作中に出てくる施設の子どもたちには実親はいないのか? それに一般家庭育ちの子とまるで変わらない発達具合なところがフィクションといったところですね。

「たたかえ! 工作員」
麻生みこと先生の物作りの現場体験レポート! 江戸切子の巻。江戸切子って体験出来るんだ、すごーい。
けど、ページが少なすぎてよくわからなかった……。

「ベランダ絵日記」
この『ミミエデン』ってバラ、ほんとに可愛い! 色んなお花を紹介してくれてベランダガーデニングすごい。

「きみと隣のワンダーランド」
絵が可愛いし、キャラも共感できて、話も身近な事柄を上手くまとめていて面白い。でもこれ高校生? 高校生がポチるのに38500円は高すぎる! でもありそうな話を面白くしていて上手だと思いました。

「後宮花苑」
あらこれ……すっごく好きなタイプの話だった! 叙述トリック(違う)的な。しかもオチも可愛いよ? ときめいたわ……3号連続読み切りどれも面白かった〜!
カレカノの後半で見限って以来津田雅美読んでなかったけど面白いじゃないですか!
絵も可愛いし読みやすい。はあ、いい話読んで幸せ。

「八雲立つ灼」
闇己の新しいクラスメイト市哉くんが、探し求めている「神剣」をくれると。うさんくさいと思いながらも夜の8時に学校で待ち合わせとなります。
そして七地との会話で明かされる、夕香との確執……。
夕香はその昔、息子のこうきをとても愛していました。中身がくらきになってしまったとしても。でも娘のくららが生まれてから、くらきが怖くてたまらなくなったのです。元の闇己の姉の寧子は、相手を選び放題だったにも関わらず、異父弟の闇己に本気で恋をしていました。闇己にはその実父と同じ、「女にしかわからない甘い毒」がある──理性では制御不能、待っているのは破滅という。
「みんなくららを可愛いブラコンって言うけどあたし笑えない!」あの子が年頃になってもし──
愛してはいけない相手を愛した寧子は地獄の苦しみを味わいましたが、どうしても応えられない相手に迫られた闇己の苦しさも地獄でした。切り捨てられない相手だから逃げ場がない。
夕香はくららのことだけを考えているのではなく、どちらも苦しむのをわかっていて悩んでいたのです。
話をきいた七地はくらきは「毒」なんかではないと断言しますが、眞前のことを思い出すと夕香の悩みを妄言とも片付けられず……。
当面の解決策として七地とくらきが同居することに!
七地のマンションは超汚くて、くらき君もうんざりなんですが、七地の別れた元妻に「昏い物を感じて」という印象を持っていたようなので、これは伏線なのかも。
新キャラの明るいこみきちゃん。両親とも帰りが遅くて「ちー兄ちゃん」は引きこもり。ここも色々ありそう。
ひょんなことから町内でみかけたくらきの後を大ちゃんとこみきが尾けて行って、見事夜の学校に中学生四人が勢ぞろい。
残業中の七地がソリの合わない同僚の先生と揉めている内に、中学生たちも神剣?と念で大騒ぎ。
騒ぎを聞きつけた七地がレプリカ?の「迦具土」に手を触れた途端、この世ならぬ光に包まれてなぜか剣が「本物」へと転化! ドラマチックに来月に続く!

「はらぺこ男子飯」
あれっ面白いと思って読んでたのに完結した! おでんの餅巾着いいですよね、好き。料理もの一雑誌に一本あってもいいのに……残念。

「おうちに帰れば」
ぬいを可愛くして写真とってSNSで拡散するのって「ぬい撮り」って名前があるんだ〜。これも終わり? 可愛かった。

「八雲」があるからかな? 「メロディ」は満足度が高くていい。

4月号はこちら

0
最新情報をチェックしよう!