のんのんの部屋

まんがの感想をあれこれと

「ウイングス」2016年10月号 感想① 少年魔法士 最終回

time 2016/09/15

「ウイングス」2016年10月号 感想①  少年魔法士 最終回

…誰の赦しも いらない
神様の赦しも いらない
何の為に生まれたのか わからないけど
そんなの 俺だけじゃないだろ
生まれたんだから 結局 生きる為だろう
…ただ 俺は
自分の赦しがなければ 生きられない

「少年魔法士」なるしまゆり

発売中のウイングス10月号で、「少年魔法士」が堂々完結!
なるしまゆり先生のポエム?大好きでした!しかし20年とは長かったですね〜。この表紙、感慨深い。いいレイアウトです。
特別付録に完結記念インタビュー付き、一巻まるごとの小冊子。今読むと、一巻かなり読みにくくて意味がわからないですが、当時はかなり熱狂的に一部の愛好家に迎えられたと記憶してます。
インタビューは6ページと短め。
この作品は「自分の中高生くらいの頃の意味もないモヤモヤに向けて描いて」いたので、面白いのか、誰に向けているのかもよくわからない。ただ何かの部分が誰かに響けばいいなという「凄く感覚的な動機で描いていた」そうです。だから(展開に)詰まると大変で、20年もかかった……ということでした。
なるほど……納得です。
物語の骨子はもちろんあるという前提で、日々考え方が流動していく中で、その時々で自分が納得出来るレベルの表現を突き詰めてモヤモヤを具現化するの大変そう!
休載も多く、ファンも諦めかけていたこの作品が無事に完結を迎えて感激です。
以下ネタバレありの感想です。

sponsored link

少年魔法士

今回の掲載順は「パーム」が毎回必ず巻末に掲載のため、その一つ前。後ろから2番目ですがカラー付き。日本のなんでもない町並み、勇吹が住んでいた町……でしょうか?もう十年くらい読んでないのでわからないですが。そして最終回の内容もほとんど分からなかったです、実は。
ページをめくると「これが少年たちの、魂の、終着点!」というアオリ?
絵は変わらないですね。相変わらず読みにくい。
「神霊眼」という力があって、それを巡って色んな争いが起きていく話だったと思うんですが、その「神霊眼」は万能じゃない。
「失われたもの または失われていくものを 完璧に再現する力はない」
「何かが そして自分が 変わってゆく事を止める事はできない」
「生命とは運動だ……生きたまま静止する星はない」
自分が世界にとって取るに足らない存在でも、幸福を感じる心があり、自分を損なわない生き方をすればそれでいい。
そうはいっても厄介なものが「愛」で、「愛とは一ミリグラムでも多く相手からもらいたがると急に地獄になるもの」。でも決して人間から、意志のある者から切り離せないもの……。
ユーハは人の中でごく普通の暮らしをし、レヴィのそばには変わらずナギがいて、アークはカルノに喰われて終わる。
勇吹は「一人じゃなくてよかった」とカルノに伝え、置いてきたもの、懐かしい日常の暮らしに戻ることを決意する。
「生きる限り 迷い続けよう」
長い長い物語の、そこが着地点でした。
ゲーテの名言、「空はどこに行っても青いということを知るために、世界をまわって見る必要はない」。
けれど人間は外国の空を見てみたいという生き物で、自分自身の手で真理をつかみたいと模索するその過程こそが物語であり、その美しさは確かに心に響いたと思います。
なるしま先生、お疲れ様でした!
そして次号からはなんと!「原獣文書」が奇跡の再開です!嬉しいですね〜とても楽しみです。しばらく「ウイングス」買ってみようかな……。

16

sponsored link

このブログでよく使っている夫の写真。写真が趣味の夫が、今更ながらインスタはじめました。 夫のインスタグラム よかったらフォローをお願いします(^^ゞ きっと、泣いて喜びます。
シミルボンシミルボン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

お知らせ

月刊Kiss感想

月刊フラワーズ感想

ホイッスル!

きのう何食べた?

まんが感想

まんがのごはん

日常

住まい・インテリア

ひとりごと

まんがの名言・名場面

旅行

サイト内を検索する

応援する

シミルボンシミルボン
ブログランキング・にほんブログ村へ

管理人

のんのん

のんのん

いらっしゃいませ(^^) 40代のパート主婦、スウ改め”のんのん”です。活字大好き。マンガ大好き。家事の中では掃除が好き。あとはあんまり・・・。娘と夫との三人暮らしです。



sponsored link

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

admax

Instagram Feed

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More